足の病気~下肢静脈瘤について

しっていますか?足の病気、下肢静脈瘤について。

◎下肢静脈瘤とは??

足の静脈には心臓に血液を戻す時、逆流しないよう、弁がついているのですが、

その弁が壊れてしまうと!?

血液の逆流が起こり静脈に血液が溜まって膨れや蛇行、コブができます。

これが下肢静脈瘤です。

◎症状

・足の静脈が膨れる

・だるい、重い、疲れやすい

・ほてる、むくむ

・こむら返り

・かゆみや湿疹がある

・皮膚が赤黒っぽくなる

◎なりやすい人

・女性に多い

・加齢とともに増加

・親族に静脈瘤の方がいる

・立ち仕事に従事されている

・女性の場合、妊娠、出産をきっかけに発生

◎治療には 保存的療法、硬化療法、手術、血管内治療があります。

当局の上高田店があるメディカルプレイス内の上高田クリニックでは血管内治療に位置するレーザー治療が受けられるとのことです。

レーザー治療は健康保険が適用、短期滞在手術(日帰り治療)も可能で、手術部位の傷跡がほとんど目立たず、出血も少なくすむ治療になります。

気になる症状がある方はぜひ。

 

 

参考資料:下肢静脈瘤 リーフレット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください