残暑

8月に入り東京都心では21日連続雨が続いたかと思えば、今度は強い日差しが気温をぐっと押し上げ、残暑が続くそうです。

そんなときには熱中症にご注意ください。

重症だと命の危険もある熱中症、予防と対策についてご紹介します。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことで発症する症状の総称です。

熱中症の症状

軽度…めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない

中度…頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感

重度…意識がない、けいれん、高い体温である、まっすぐに歩けない

熱中症になった時は

・涼しい場所へ避難

・衣服を脱がせ身体を冷やす

・水分、塩分を補給する

この3点が重要になります。そして、自力で水を飲めない、意識がない場合は躊躇わずに救急隊を呼びましょう!

 熱中症予防のポイント

熱中症はなによりも予防が大切です!

1、こまめに水分、塩分を補給する

汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。ビールなどアルコールを含む飲料は、 かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。

2、熱中症になりにくい室内環境づくり

熱中症の約半数は室内でおきているようです。猛暑日に節電を意識し過ぎてエアコンをつけないのは大変危険です!!扇風機やすだれなど活用しながら、室内の温度調整をしましょう。

3、周りの人への気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。特に高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しています。のどの乾きを感じていなくても水分補給を勧めるなどし、体調の変化を気にかけましょう。

 

水分補給には当局も取扱いのある、経口補水液OS-1もおススメです♪

 

皆様、お身体ご自愛ください。

 

mawari

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です