株式会社なごみ薬局は「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を公表します。

一般事業主行動計画について新しくしました。
なごみ薬局は今後は以下のような方針で行くことを決めました。HPに掲載しています。
http://www.nagomipharmacy.co.jp/一般事業主行動計画/

以下、一般事業主行動計画の公表について

株式会社なごみ薬局は「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を公表します。

次世代育成支援対策法とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うため、または、女性労働者の活躍推進の取り組みを着実に前進させるために策定する計画です。

一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

株式会社なごみ薬局 行動計画

社員が、会社での仕事と家庭や子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、全ての社員がその能力を十分に発揮できるよう策定した行動計画です。

1.計画期間 平成30年1月1日~平成35年12月31日まで

2.計画内容

目標1:時間外労働短縮や、休みを取りやすい職場環境を目指す。(ただし、これは子育てをしているものなどに限るものではなく、全社員に対して行う)

対策①時間外労働の適正推進対策を実施

   事業所毎の適正配置や業務内容、業務分担、シフト等の改善

  ②カエル会議の実施

目標2:育児休業を取得しやすい環境の整備づくりを行う。

対策①育児休業期間中の代替要因の確保や業務内容の見直しを行う

   →経営状況を見ながら、採用は積極的に行っていく

  ②育児休業をしている労働者の継続的な情報提供、社内での飲み会やイベントごとには参加できるように声掛けを行っていく。

目標3:多様な労働条件の整備

対策①短時間制度の定着

12歳未満の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度は既に導入しているが、この制度が継続できるようにシフトの見直しや改善、周囲からの協力や理解をしてもらえるよう周知を徹底していく。

対策②子どもの看病のための休暇について、時間単位で取得できるようにする。(1時間単位)

目標4:育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知を行う。

対策①育児介護休業規定が各店舗に設置してあるため、いつでも見られる環境にしてあることを伝える。

対策②リーフレットを貼り、周知させる。

目標5:出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

対策①出産や子育てで一度退職してしまった者に対しても、雇用を検討していく。

以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください