内閣府 地方創生推進室主催のハッカソンで最優秀賞いただきました!

内閣府 地方創生推進室主催のハッカソンで最優秀賞いただきました!


なごみ薬局の薬剤師が、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が地方創生の実現に向けて、地域に紐付いた官民ビッグデータ(産業、人口、観光、農業等)を分かりやすく「見える化」したシステムを使って、新しいビジネスモデルを評価いただきました。
チームメンバーのデザインやWEBアプリの深夜の作り込み、データクレンジングが素晴らしかったです。なごみ薬局の薬剤師が患者さんからのご意見を参考に、システム構築をチームリーダーとしてリード・発表させていただきました。
作ったものは「つれだつ」というアプリ。
寝たきりのシニアを外に連れ出し、同じ疾患同士のコミュニティーイベントにて社会参加につなげる試みです。
Railsで地域のシニア向けイベントと対応疾患別検索、RESASデータ(観光資源情報、年齢別人口密度)、DCPデータ、65歳以上の密度ヒートマップ、病院&薬局&福祉施設をESRIさんのArcGISにマッピングしました。外に行きたいときは介護士に情報が発信されます。

このアプリで、健康な人が増え、長生きしてよかった、あなたに会えてよかった、心から元気に笑顔になれる世界を作れるのではと思い、熱く語ってきました。
賞品がすごく、今後、Startup Hub Tokyoの事業化支援、開発サポート、ESRIジャパンのArcGIS for Developers を用いた継続開発サポート、日本マイクロソフトのサポート、チームラボさんのデモブース展示券が・・。個人的には、使えるオープンデータを知れたのと、丸の内で3ヶ月の事業化支援が本気で嬉しいです。
メンバーと運営側のみなさまに、心より感謝申し上げます。2日間ありがとうございました!!

地域と連鎖する、#中野 #なごみ薬局 #薬剤師募集 しております!

気軽にメッセージいただけたらと思います。

 

ご説明会や、店舗見学、薬剤師採用ページはこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です