インフルエンザの季節です

日に日に寒さが増す今日この頃ですね。

例年12月〜3月頃に流行するインフルエンザ。

上高田店では、すこしずつですが流行り始めてきました。

保育園等でもすでに流行しているところもあるようです。

突然の38度以上の発熱に頭痛、関節痛、筋肉痛、全身の倦怠感などを伴うのがインフルエンザの特徴です。

潜伏期間が短く、感染力が非常に強いので、流行しだすと一気に感染者が増加してしてしまいます。

正しい知識を身につけてインフルエンザウイルスを体に入れないよう、日頃から予防を心がけることが重要です。

●インフルエンザウイルスを体内に入れないためには

①人ごみをさける

②手洗い・うがいをこまめに

③マスクを着用

④湿度を高くする ※インフルエンザウイルスは空気が乾燥しているときは活発に活動します。湿度を50%以上に保つと生存率は激減するといわれてます。

●インフルエンザを発症させない

①バランスの良い食生活

②適度の運動と十分な睡眠 ※無理のない運動を定期的に行い、たっぷりの睡眠を。免疫力がアップしてウイルスに対する抵抗力が強くなります。

③体を冷やさない

●予防接種を受けましょう

予防接種はインフルエンザ感染を防ぐ有効な方法のひとつです。予防接種を受ければ絶対に感染しないわけではありませんが、発症しても重症化を防ぐ効果を期待できます。

きちんと理解して、もしものときに備えましょう。

 

 

参考文献:新宿区保健所 資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です