ジェネリック医薬品


お薬代って安くなる?

現在、CM等で宣伝されているジェネリック医薬品をご存知でしょうか? ジェネリック医薬品とは、新薬(先発品)の特許期間満了後に発売されるお薬で、有効成分が同じであると厚生労働省で認められた医薬品です。
価格は平均すると新薬の約半額と、患者さんのお薬代の負担を軽減できます。
なごみ薬局でも、患者さんのご希望があれば、ジェネリック医薬品の変更をご検討いたします。ただし、ジェネリック医薬品と先発品との違いをよく知った上で、選択していただく必要があります。

先発品、ジェネリック医薬品の違い

先発品は開発段階で通常150〜200億円の費用がかかるといわれています。先発品の開発メーカーは約20〜25年間特許に守られているため、特許期間中は独占的に製造販売できます。
しかし、特許がきれると他の医薬品メーカーが厚生労働省の承認を得て製造販売することが可能となります。
後発品は、先発品と同じ成分であり、有効成分が同じであれば同等の効果が期待できるとの理由から、臨床試験などの開発費をおさえることができ、したがって患者さんにも安価に提供できます

共通点 有効成分が同じ。従って同等の効果が期待できる。

相違点 添加物、大きさ、味やにおい等が異なるものもある。

メリット 薬代が安い。大きさ、味やにおい等が改善されたものもある。

デメリット 先発品に比べて、豊富な臨床試験に欠ける。供給が安定していない。